Google Search Consoleで「Improve the search presence of サイトURL」というメッセージ

Google ウェブマスターツールで「Improve the search presence of サイトURL」というメッセージ

ウェブ制作に携わる方は利用されている方も多いと思われるGoogleのSearch Console。
先日そのSearch Consoleで、「Improve the search presence of サイトURL」という重要メッセージが届いてました。
意外に対処に手間取ってしまったので備忘録。

[ad]

Improve the search presence of サイトURLとは

「直訳すると、サイトURLの検索プレゼンスを向上させる」。
もっとサイトをよくしよう!検索でのパフォーマンスを最大化するためのTIPSを紹介します!というメッセージのようです。
メッセージの横にある「詳細を表示」のリンクをクリックすると、以下のメッセージになっています。
5ステップに分かれているので、各々の意味と改善方法をご紹介します。
5ステップに分かれた詳細画面

1.Add all your website versions

これは、サイトのURLに「www」が付いたものと、付いてないもの両方登録しようね、あとhttpsプロトコルも使ってるなら登録しようねって意味のようです。
通常は不要な気がしますが、先日この手順を飛ばし次の2.を設定しようとした時、「www付きサイトのURL所有者確認をしてください!」というエラーで進めなくなりました・・・
どうすれば所有者確認できるのかですが、Search Consoleで新規にサイトを追加し、www有り、無し両方の所有権の確認を済ませたところ無事進めました。
あまり意味が無いように思いますが、所有者確認をしないと引っかかるので、もし2.の手順で以下のようなエラーが出たら、Search Consoleで新規サイト追加の手順を行う!と覚えておきましょう。
Add all your website versions の画面

2.Select your preferred version

www有りと無し、どちらを優先するか?という設定になります。
メッセージの以下のリンクをクリックして、www有りか無しかを選択しましょう。これは好みで、どちらでも良いと思います。
Select your preferred version

使用するドメインを選択します

3.Select target country

これは、ターゲットの国を選んでくださーいというメッセージになります。
プルダウンから日本を選んで保存でOK。
ターゲットの国を選択します

4.Share access with co-workers

複数でサイトを管理している場合はユーザーの追加やアクセスレベルの設定ができますという項目です。
1人だったら無視でOK。

5.Submit a sitemap file

サイトマップを送信してください!という事ですね。
ここまで設定したら、改めてサイトマップを送信しましょう。

対処後のメリット

正直、どうなるのかよくわかっていませんが、対処は必須と思われます!
恐らくこの対処を行う事で、クロールとインデックスの効率が上がると思います。
対応していないと、インデックスされにくい等の問題が出るかもなので、ひとまず対応しておくのが良いかとm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください