Photoshopで単純作業を登録し作業効率化!アクション機能を使いこなす!

Photoshop

ウェブサイトを作っていると、よくスライダーやサムネイル等同じサイズの画像をいくつも用意するといった作業が発生します。
今まで、毎回同じ作業を複数枚の画像に対して行っていたのですが、これ、とても無駄でした(T_T)

今更感ハンパありませんが、Photoshopには「アクション」という機能があり、同じ作業を登録し効率化できるんです!
もっと早く勉強しておけば良かった~!!!

僕みたいな人がもしいたら、ぜひ使ってみてください、この機能。
という事で今回はPhotoshopの「アクション」についてご紹介。

 

アクションとは?

アクションとは、Photoshopの機能のひとつで、一連の作業を記録し、同じ作業が発生した際に再利用できるようにする機能です。
例えば10枚の画像を、500×300pxのサイズにリサイズ・トリミングしないといけない時なんか、通常なら
1.画像解像度でリサイズ
2.カンバスサイズでトリミング
という作業が、アクションとしてこの作業を登録しておけばアクションの実行だけで済みます。
上記のような簡単な作業なら良いですが、写真をイラスト風に加工したい場合等、作業手順を登録しておけばとても便利ですね。

Photoshopで画像をイラスト風に加工する!
画像をイラスト風にする加工が仕事で必要になり、Photoshopで色々試してみたところ結構良い感じにできたので備忘録として手順を書いておこうと思います。 色々な方法があり、テイストも色々だと思うので、こんな感じにしたい!という時はぜひ試し...

 

使い方

では、使い方を。今回は、「横長の画像を少し明るくして、100×100pxのサムネイルを作る」というアクションを作ってみます。

 

アクションの作成

フォトショップを開き、サンプルの画像を開きます。

メニューバー「ウィンドウ」⇒「アクション」をクリック。

アクションウインドウが表示されるので、右下あたりのこのアイコン「新規アクションを作成」をクリック。

新規アクションのアクション名等を設定するダイアログが表示されます。適当な名前を付けて、「記録」を押すと記録が始まります。

 

アクションの記録・保存

先程の手順で記録を押すと、ウィンドウにあった○が赤くなります。これが、アクション記録中の状態です。

少し明るくしようとトーンカーブをいじると、ここに作業内容が記録されます。

ちゃんと記録されたら、ここに作業が記録されていきます。

 

適宜必要な作業を行い、終わったら□のマーク「再生/記録を中止」をクリック。

 

アクションの実行

では次に登録したアクションを実行してみましょう。
他の画像を開き、アクションウィンドウから、先程作成したアクションにだけチェックを入れます。

そして、再生ボタンの「選択項目を再生」をクリック!

さっき行った作業が、1クリックでできました♪

 

まとめ

また別の記事で紹介しますが、このアクションと合わせて使われるバッチ機能というものもあります。
この2つを併せれば、同じ作業を何度も何度も行うという作業が取り除かれるのはもちろん、画像の加工でうまくいった手順等を登録しておけば、「ん?これどうやって加工したっけな?」と思い出したり調べたりする時間も短縮できます。

考えるところは人間が、考えた結果の必要な作業はツールが、という分業ですね!
ツールの使い方を覚えるのは面倒だし時間がかかると思っていましたが、仕事をしてるとどんな内容・担当でもどうしても作業というものは発生します。
使い方をちゃんと覚える事でこの作業を減らせるんだから、結果効率化になると考えると、一番時間をかけるべきはツールのお勉強だな、と思いました。

この記事を書いた人

うぇぶめも。運営者のたきおです。
ジョギング・草野球が趣味のクセにぽっちゃり体型。

自分の備忘録も兼ねて、ウェブ系のちょっとした情報などを発信しております。
気に入ってもらえればTwitter・Facebookなどでもフォローして頂けると励みになりますm(__)m

フォローしてくれると、うれしい。

ブログランキングに参加しました!
応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 IT技術ブログへ

Photoshop
フォローしてくれると、うれしい。
うぇぶめも。

コメント