Windows10 Pro で自動アップデートを無効にし手動更新にする手順!アップデートによる不具合回避して効率よく仕事しましょ♪

Windows

前回のWindows10 Homeに続き、今回はWindows10 Proの自動アップデート無効化手順をご紹介します!
Homeの方はこちらをどうぞ♪

Windows10 Home で自動アップデートを無効にし手動更新にする手順!勝手なアップデートでの不具合、待ち時間にサヨナラ♪
またもやWindowsシリーズです。しつこくてすみません。 前回、ウィンドウズのアップデートで不具合が起こった際の解決方法をご紹介しました。 自動アップデート、問題多しです(T_T) そこで、今回はそのトラブル...

では、早速いきます。

 

必要な作業

自動アップデートから手動アップデートに切り替える為の設定が必要な箇所は、以下の2つだけです。
1.Windows PowerShell
2.サービス

Homeに比べて、Proの方が手順が楽ですね!
では、1つずつ設定手順を。

 

Windows PowerShellの設定

左下のWindowsロゴを右クリック⇒「Windows PowerShell(管理者)(A)」をクリックします。


PowerShellが開きます。


これ、覚えるの不可能ですが・・・この文字列をPowerShellに入力してエンターを押してください。
reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “1” /t REG_DWORD /f
コピペしちゃいましょうね♪

 

正しく終了しましたってメッセージが出たら1つ目の作業完了です。

 

 

サービスの設定

続いて、サービス。これはHomeの時と同じ手順ですね。
キーボードのWindowsロゴ+「R」キーを押すと、「ファイル名を指定して実行」のウインドウが開きます。


そしたらそこに、「services.msc」と入力して「OK」を押してください。


サービスダイアログが開きますので、そこの中から「Windows Update」を探します。
多いですが、アルファベット順に並んでるのでわかりやすいと思います。
見つかったら、そのままダブルクリック。

 

Windows Updateのプロパティ」ウィンドウが開くので、「全般」タブにある「スタートアップの種類」を「手動」に変更します。
「OK」を押したら、1つ目の設定作業終わりっ!

 

手動アップデート

自動アップデートを止めると、もちろんWindowsが更新されません
それはそれでセキュリティ的に困ります。
なので、月に1回くらいは自分のタイミングで良いので更新しましょう
更新する時は、事前に復元ポイントを作成しておくのと、ドライブの空き容量が最低でも10GBはあるか確認の上行ってください。
トラブル回避策です。
手動更新は、Windows左下のロゴ⇒ギアアイコンの設定⇒更新とセキュリティを開くと「更新プログラムのチェック」ができます。
チェック後更新プログラムがあればそのまま更新できますので、月に1回くらいはチェックするようにしましょう~!

 

さいごに

自動アップデートON/OFFは、コンパネで設定できるようにしようよっっっ!たのむよっっっ!

この記事を書いた人

うぇぶめも。運営者のたきおです。
ジョギング・草野球が趣味のクセにぽっちゃり体型。

自分の備忘録も兼ねて、ウェブ系のちょっとした情報などを発信しております。
気に入ってもらえればTwitter・Facebookなどでもフォローして頂けると励みになりますm(__)m

フォローしてくれると、うれしい。

ブログランキングに参加しました!
応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 IT技術ブログへ

Windows
フォローしてくれると、うれしい。
うぇぶめも。

コメント