WordPressのインストール

2014年1月26日カスタマイズ

この記事の所要時間: 241

Photo credit: Peregrino Will Reign via Visualhunt / CC BY-NC-SA

初の投稿は、すっごい初歩的な事ですがWordPressのインストールから。
自分の備忘録なんでね。

利用しているサーバーによって色々と異なると思います。
レンタルサーバーなんかだと自動インストールというものがあって手順通りクリックしていくだけでインストールできちゃったりしますが、自動インストールだと問題があったりすると聞いた事もあるので、ここではイチから自分で設定する方法を。

ちなみに、WordPressの最低動作要件(Ver3.8時点で、PHP5.2.4以上、MySQL5.0以上)を満たしている事前提とします。

WordPressをダウンロード

まぁ、そらダウンロードしなきゃ始まらないですよね。
WordPress>日本語サイトで、最新のバージョンをダウンロードできます。
1

ダウンロードしたデータをサーバーにアップロード

ドメインルートにWordPressを設置したい場合は、ダウンロードしたフォルダ内のデータを全てルートディレクトリにアップロードします。
WordPress用のディレクトリを用意したい場合は、何かしらのフォルダを作成してその中に放り込みます。
アップロードは、お好みのFTPソフトで。
2

サーバー上に、WordPress 用のデータベースと、そのデータベースへの全アクセス権・編集権を持つ MySQL ユーザを作成。

これは、サーバーによって違いますのでそれぞれのサーバーの仕様に基づき設定してください。
参考に、ローカルにxamppをインストールした場合のphpMyAdminを使用した設定手順をご紹介します。

phpMyAdminにログイン、新規データベースを作成します。

3

新規ユーザーを作成します。

3_2

ユーザー名・パスワードを設定します。

3_3

作成したユーザーに、作成したデータベースへの権限を付与します。

3_5

データベースをプルダウンから選択

3_6

権限を与える項目にチェックを入れます。

3_7

WordPressインストールディレクトリにアクセスする

ブラウザでインストールディレクトリにアクセス。
下のような画面になるので、「設定ファイルを作成する」をクリックします。
4

そのまま進みます

「さあ、始めましょう!」をクリック。ここ、いらん気がするけど(-_-;)
5

DB名、ユーザー名、パスワード等を設定

先程作成したデータベース・ユーザーを設定します。
6

インストールする

データベース、ユーザー名等に問題が無ければ確認画面が表示されます。
そのまま「インストール実行」をクリックしましょう。
7

サイトタイトル等必要事項を入力する

各項目に必要事項を入力し「WordPressをインストール」をクリックします。
8

完了

以上でインストール完了です!
9

結構、楽勝ですよね(-_-;)
でも僕何度かミスったので、念の為メモメモ。

The following two tabs change content below.

たきお

うぇぶめも。運営者のたきおです。 ジョギング・草野球が趣味のクセにぽっちゃり体型。 自分の備忘録も兼ねて、ウェブ系のちょっとした情報などを発信しております。 気に入ってもらえればTwitter・Facebookなどでもフォローして頂けると励みになりますm(__)m

ブログランキングに参加しました!
応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村